消防設備点検の流れ

ジャストウィン東京の消防用設備等点検の流れをご説明します。当社では、資格を有する経験豊富なスタッフが消防法にのっとり正確な点検を行っています。24時間緊急対応窓口を設置するなどアフターフォローも充実していますので、安心してお任せください。

感知器の点検
天井部分に設置されている熱感知器や煙感知器が熱や煙に正常に反応するか、外形に異常はないかなどを調べます。
発信機の点検
共用部などに設置されている火災を知らせる発信機が正常に動作し、非常ベル等が鳴動するか、外形に異常がないかなどを調べます。
消火器の点検
汚れなどをキレイに取り除き、外形にサビ、腐食などがないか、安全栓や操作レバー、ホースに異常はないかなどを調べます。

火災受信機の点検
火災受信機はマンションの管理人室などに設置されています。火災受信機が正常に機能するかどうかを調べます。
屋内消火栓・連結送水管設備の点検
共用部に設置されている屋内消火栓および連結送水管設備のホースやバルブ類に異常はないかを調べます。
避難設備の点検
ベランダなどに設置されている避難器具が正常に作動するか、異常はないか、また周囲に障害物がないかなどを調べます。
ジャストウィン東京株式会社 Copyrights © 2017 All Rights Reserved .