こだわり

シックハウスの危険性

【シックハウス症候群とは一体何?】 住宅を新築したり、リフォームする際に必ず耳にする言葉になった「シックハウス症候群」。

シックハウス症候群の症状として、目がチカチカしたり、喉が痛くなったり、めまいや吐き気、頭痛があげられます。新築やリフォームをした際に使用した、新しい建材や家具から発散する化学物質が主な要因とされています。この症状を引き起こす可能性のある、ホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性有機化合物が考えられます。

これらの化学物質の濃度が高い部屋に長期間滞在(居住)すると、健康を損なう危険性が高くなってしまいます。

健康住宅の推奨

健康住宅はその名の通り、シックハウス症候群などの人体に悪影響を与えない、天然の自然素材などを使用した体に優しい住宅です。

人生80年といわれる現代ですが、家を建てるということは、その80年の一生に1度あるかないかの大きな買い物です。一生の中で一番大きな買い物を失敗しないためにも、その家に住み続ける子どもたちのためにも、天然の自然素材を使用した建材で建てた健康住宅を推奨いたします。

当社の健康住宅は壁紙、柱の一本一本、床の材質、そして家具にまでこだわり、体に優しい自然素材で家を造ります。確かな技術と確かな安全性、そして納得の住み心地を、何百とある自然素材の中からお客様に合う素材を厳選し、お客様のご要望に似合ったデザインや使い心地を、一つ一つ丁寧にご提案、施工させて頂きます。

天然素材・自然素材リフォーム

シックハウス症候群を招かないためには、人体に有害な揮発性有機化合物を出さない建材を使用するほかありません。
しかし、業者が「この建材は無害です。安全です。」と言ったからといって、本当にその建材が安全であるかどうかは、きちんとした検査機関で調べてもらうか、きちんとした検査結果に基づいた建材でない限り、素人にはわかりません。

当社がリフォームで使用する建材は漆喰や天然の素材を使用した人にも体にも優しい建材です。
ホームページでは伝わらない本当の安心・安全を知っていただくためにも、是非一度お問い合わせ下さい。
お客様の健康はご自身でしか守れません。実際に見て、触って、天然のニオイや肌触りを体験してください。
Rascal Copyrights © 2017 All Rights Reserved .